top of page

円筒形に轆轤水挽成形された端正な造形の半筒形の茶碗で、器表面にはごく薄く縦箆目が見え、内側側面にも細かく面慣らしされた箆目跡が見られる。
口造りは、僅かに端反りぎみで口縁山路も穏やかな稜線を作っている。
時代が進むにつれ、強い箆使いや器形に歪みを付けた作為が見られる様になるが、本作は素直で端正な器形からして、やや早い時期の志野茶碗と言えよう。


高めの腰張りから高台にかけた畳付は穏やかな丸みを持たせて成形し、中央にやや大き目の平高台を低く削り出している。土は水肥した百草土である。

 

素焼焼成後、高台部を残して器全体に薄く鉄奬を施し、片面広くに籠目文と一方には波と線の幾何模様を箆画した後に薄く長石釉掛けを行っている。
千変万化する古鼠志野焼の中でも本茶碗は、茶褐色のベーストーンの中に釉薬が少し厚めの所は鼠色に、搔き落とし部は朧に白く、また黒く焦げた所や薄く柚子膚が所々に出ており、遠く桃山のそれまでに無かった新たな世界に誘ってくれる様な景色と雰囲気を持った作例の少ない古鼠志野茶碗である。

 

【参考】鼠志野
志野焼は美濃の国(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉薬(長石釉)を使った焼き物で、赤志野や鼠志野等幾つかの種類がある。
志野の大きな特徴として、絵付けがされていることが挙げられ、これは日本の陶器史上画期的な事であった。
普通志野は鉄絵で身近な風景や物を簡素に描かれた上に長石釉を厚く掛け、素地や釉薬の中の鉄分が焼成段階に緋色の景色を作り出し、あるいは、厚く掛けられた長石釉の白さや柚子膚を愛でたが、鼠志野は素地に鬼板(酸化鉄)を溶かした泥奬を掛け、その上から箆などで搔き落としによる模様を描いて、さらに志野釉を掛けて焼いたもので、搔き落とした部分が白く残り、鉄の部分が窯内の条件で鼠色や赤褐色に焼き上がる焼物で、諸々の条件により焼き上がりが千変万化する。

古鼠志野籠目文茶碗

SKU: 0005
¥800,000価格
  • 時代        桃山時代
    口径        12.5cm
    高さ        8.3cm
    高台径        7.2cm
    付属品        桐箱・縮緬仕覆・更紗包布
    その他        --

bottom of page